食費を節約するために心掛けたいポイント3つ

2019年12月19日

こんにちは、常夏なおみです。
今回は生活費の中でもある程度コントロールしやすい費用「食費」の節約について紹介したいと思います。
小食な人や、毎月実家から大きなダンボールいっぱいの食料が送られてくる、という人は食費が浮いてラッキーですが、なかなかそうもいきません。

「食べる事が好き」、「お酒大好き」、「毎週コンビニスイーツをチェックしてる」という人は生活費に占める食費の割合が多くなりがちです。
食費を抑えるために、自炊をしたりお徳用(大容量)のものを買ったり、「いくらまで」と金額を決めると有効ですよ。
順番に紹介していきます。

自炊する

毎回コンビニや外食で済ませるよりも、自炊をした方が食費は抑えられます。
しかし、たまにしか自炊をしないという場合はかえってお金が掛かる場合もあるので要注意です。

野菜を買う

キャベツを1玉買ったり、玉ねぎ3個入りを買ったり・・・
使い切れずに腐らせてしまっては食材がもったいないですね。
たまにしか自炊をしない場合はカット野菜を利用すると無駄がありません。
にんじん半分、白菜1/4カットなど。炒め物用にキャベツやにんじん、もやしが一袋に入っているものもあるので、上手に利用しましょう。

また、冷凍できそうなものはどんどん冷凍するのがおすすめです。
久々にご飯作ろうかな~という気分になったとき、冷凍庫に何かしら食材が入っていれば便利です。
足りないものを追加で買えば良いだけなので、全て買い揃えるよりも食費が抑えられます。
冷凍保存については後述していますので、下の文を参考にしてください。

ご飯を炊く

ご飯を炊くだけで節約になります。
パックご飯は便利ですが1食分(約150g)で100円程しますし、コンビニおにぎりも1個100円しますよね。

お米3kgで1,200円のものを買った場合、自炊すれば一食あたり30円程度です。
ご飯一食分が150gとして、使用するお米は約66gとなります。3kgで1,200円なら66gで26.4円。
炊飯のための電気代は一回3~4円程度と僅かですが、一食分ずつ炊くよりも3合くらい(6~7食分)まとめて炊いた方が労力の節約になりますね。

お茶を作る

お茶は家で作ればかなり節約になります。
仮に500ミリリットルのペットボトルのお茶が130円としたら、30日で3,900円となります。お茶だけで3,900円です。
他にも牛乳やジュース、コーヒーなどを買えば飲み物代で月に5,000円以上掛かるでしょう。

一袋に30パック入りのお茶なら300円程で売られています。ちょっと良いお茶でも600円程度でありますので、お水とガス代を考えてもかなり節約になります。

お湯を沸かすのが手間なら水出し茶を買うと良いですよ。
容器に水とお茶パックを入れて冷蔵庫へ入れておけばいつでも飲めて便利です。
ペットボトルのお茶が良い場合は、500ミリリットルではなく、1.5リットル入りで100円程度のものを選べば飲み物代も抑えられます。
外ではマイボトルを持参して、上手に節約をしましょう。

冷凍保存する

野菜やお肉、パン等たくさん入っている方が1個あたりの金額が安くなります。
しかし、一人暮らしではなかなか消費できませんよね。
食材が傷む前に、冷凍保存をしてしまいましょう。

野菜・きのこの冷凍

冷凍することで生の状態とは食感が変わりますが、煮物をする場合はあまり気にせずに使えます。
冷凍ピーマンや冷凍もやしを炒め物で使うと、くたっとした食感になります。しゃきしゃきの食感が好みの人は冷凍していない生の野菜を使いましょう。
炒め物以外にもピーマンならピザトーストに乗せたり、もやしは味噌汁の具にしたりと使い道はいろいろとありますので、安くて買っちゃったけど今週中に料理しないな、という時にはとりあえず「冷凍」しておけば無駄にしません。

ピーマン
縦半分に切って種を取り除き、そのまま冷凍すればピーマンの肉詰めに使えます。棒状に細切りにすれば炒め物に向いています。

にんじん
いちょう切りや細切りにしておくとカレーやシチュー、煮物、炒め物などいろいろと使えます。

かぼちゃ
薄くスライスすれば、天ぷらや味噌汁の具に、サイコロ状にカットすればスープの具になります。

えのき
下の石づき部分(くずくずの部分)をカットして、少しほぐして長いまま冷凍しても良いし、長さを半分にして炒め物や汁物の具にしましょう。

しいたけ
下の石づき部分(硬い部分)をカットして、丸のままでも半分に切ったり薄くスライスしたりしても良いです。煮物、炒め物、汁物の具に。

エリンギ
下に石づきが無いので、そのまま長さを半分か三等分にして、薄くスライスすれば炒め物などに使いやすいです。

ピーマンやきのこはカットして冷凍

丁寧に冷凍保存するならにんじんやかぼちゃ、ブロッコリー等の野菜は食べ易く切り分けて1分~3分ほど下茹でした後に水気を拭き取ってから冷凍します。
しかし、面倒な人はいちいち下茹でしなくても、生のままいちょう切りや細切り、子房に切り分けて冷凍でOKです。
使う時に茹でれば問題なく使えますし、煮物やお味噌汁、シチューの具としてそのまま使用しても大丈夫です。

また、冷凍野菜を利用するのも節約に繋がります。
冷凍野菜は旬の時期に収穫されたものを冷凍してあるので、年間を通して価格が安定しています。
季節外れの生野菜は価格が高くなるため、上手に冷凍野菜を利用しましょう。

お肉の冷凍

お肉も安いときに買って冷凍しておくと節約になりますね。
100gあたり170円で400g分買えば680円になりますが、100gあたり100円なら400g分買っても400円。
だいぶ節約できますね。
1回の料理で使う分(100g、200gとか)をラップでくるんで平にし、さらにビニール袋やジップロックに入れて冷凍すると使いやすいですよ。

1回分ずつラップして袋に入れて、の作業が面倒なら食品トレイに乗せたままお店のラップを外し、お肉を半分~4等分など適当に分けて(隙間を空けて)またラップをして冷凍庫へ入れてしまえばOKです。
使う分だけ耐熱のお皿に入れ、軽くラップしてレンジの解凍コースを使用すれば上手に解凍できます。
解凍コースがなければ、200Wくらいの弱めのワット数で様子を見ながら2分~5分レンジにかければ良いでしょう。
500Wや700Wでは強すぎるので、お肉の一部分が煮えた状態になり上手に解凍できません。

また、塊のお肉なら完全に解凍するよりも半解凍くらいで止めておくほうが切りやすいですよ。

ご飯・パンの冷凍

ご飯やパンも冷凍できます。
ご飯を一食分ずつ毎回炊くのは面倒ですが、一度に3合炊くと外食が多い人は食べ切れずに傷んでしまいますよね。
すぐに食べる時はタッパーに入れて冷蔵庫でも良いですが、しばらく食べないなら冷凍保存してしまいましょう。
お茶碗一杯分ずつラップにくるんだり、100均等で売られているご飯専用の冷凍容器に入れて冷凍保存すると便利です。

食べる時はご飯に少し水をかけると良いですよ。
霧吹きでも良いですし、手でピッピとかけるくらいでも十分です。

また、パンも冷凍できるので、食パンやロールパンなら1個ずつラップにくるんでジップロックに入れて冷凍します。
面倒な人は風味は落ちますが買ってきた袋のまま冷凍庫へ入れても良いでしょう。
食パンやフランスパンはブロックのまま冷凍すると食べるときに切り分けづらいので、必ずスライスしてから冷凍しましょう。

嗜好品は金額設定をする

お酒やスイーツは単価が高いので、毎日買っているとあっという間に高額出費となります。
ざっくりでいいので「月3千円まで」など設定をしてみましょう。

ビール1本150円なら2日に1本、お菓子は1日100円まで、お気に入りのケーキ屋さんには週1回700円まで。
嗜好品はストレス発散や幸せを感じるためのものでもあるので、全く無くしてしまうのは精神的に良くありません。
自分が我慢できるかな、くらいの金額設定を心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回紹介したこと全てを実行することは難しくても、ひとつ、ふたつ実行するだけで食費が抑えられます。
「食費の節約は微々たる金額だ」と思わず、少しの工夫で毎月3,000円、5,000円の節約ができるのなら試してみる価値はあると思います。
「これならできそうだ」と言うものがあったら是非、試してみてください。

※食事と健康は密接な関係にありますので、むやみに食費を切り詰め過ぎるのは良くありません。
何事も行き過ぎには注意してくださいね。